REPORT|弊社代表・久志がad:tech tokyo 2017の公式プログラムで登壇しました。

弊社代表・久志がad:tech tokyo 2017の公式プログラム「マーケティングオートメーションによるOne to Oneマーケティング」で登壇

■ad:tech公式スピーカーとは?

アドテック公式スピーカーとは、アドバイザリーボードメンバーによって挙げられた業界全体の課題を議論する、国内外の有識者の代表です。すべてボランティアにて構成されており、これは世界7カ国11都市全てのアドテックにおいて同様の形式です。

■題名

マーケティングオートメーションによるOne to Oneマーケティング

■プログラム概要

そもそもOnetoOneって何なのか?最適なコンテンツを最適なタイミングで、最適なカスタマーに届けることつまり、MAツールを入れなくてもよいし、デジタルにこだわらなくてもいい。一番最適な手法を使って、カスタマーの行動を起こさせればいい。いかにカスタマーの心底にある欲求や要望を知りそこににそっと手を差し伸べる仕組みを提供するかが重要。もちろん、その伝え方に技術を取り入れることで飛躍的にできることが増えているのも事実、そこはしっかり使っていくべき。結果マーケテイングオートメーションになるのであればいい。

■登壇者

モデレーター:

渡部 純子 (株)リクルートライフスタイル CRMユニット長/(株)リクルートホールディングス 全社CRM推進室室長

スピーカー:

須永 珠代 株式会社トラストバンク 代表取締役

沖本 裕一郎 株式会社トクバイ 取締役COO

久志 尚太郎 株式会社TABI LABO 代表取締役