REPORT|代表・久志が第14回あすか会議で登壇しました

ニュースリリース

2018年7月17日

弊社代表・久志が、7 月 7 日(土)に開催された第14回あすか会議にて登壇しました。
登壇セッション:第4部 分科会 C「テクノベート時代のメディア・コンテンツ」
セッション内容:
メディア・コンテンツを取り巻く環境は大きく変った。そして 2020 年には次世代移動通信「5G」がコンテンツの流通・消費量を爆発的に増やし、更なる環境変化を起こすだろう。新たな黎明期を迎える中、リーダー達はどのような未来を見出しているのか。テクノベート時代、これから迎えるメディア・コンテンツの未来を議論する。

■スピーカー
樹林 伸氏(作家)

末松(神原) 弥奈子氏(株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長)

久志尚太郎(弊社代表)

■モデレーター
瀬尾 傑氏(株式会社講談社 コミュニケーション事業第一部部長)

写真左から瀬尾 傑氏、樹林 伸氏、久志尚太郎、末松(神原) 弥奈子氏

(以下、引用)

■あすか会議とは

「あすか会議」(ASKA=Assembly for Synergy, Knowledge and Ambition)は、グロービス経営大学院の教育理念である、能力開発、ネットワーク、志を培う場を継続的に提供することを目的として、経営者、学者、政治家、メディアなどのトップリーダーとグロービスのMBAプログラムの学生(在校生・卒業生)および教員が一堂に集い、開催するカンファレンスです。
2005年に奈良県飛鳥にて第1回を開催し、第14回目となる2018年のあすか会議は、1,400名の参加者が京都に集い、開催となります。

(出典:あすか会議 | 学校法人グロービス経営大学院 あすか会議とは) http://aska.globis.ac.jp/who/