UNDER ARMOUR|メディア視点の複数切り口で新規層へのリーチを実現

クライアント

UNDER ARMOUR


訴求

ブランド認知拡大


実施日

2018年2月28日


プロモーション内容

アメリカ発のパフォーマンスアスレチックブランド『UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)』との日本向けリブランディングプロモーションのお取組みになります。日本においてアンダーアーマーは機能性の高いスポーツ用品として、野球やバスケなど競技スポーツに活発に取り組んでいる層に浸透していますが、ランニング層に浸透させたいという課題がありました。今後幅広い顧客層に愛用頂く為には、ファッション関心層やビジネス層など複数の異なるクラスタに効果的にリーチしていく必要があると考え、それぞれに適したコミュニケーション設計を行いました。

ランの概念の再定義した訴求、商品に寄せた訴求、女性ターゲット向け、ビジネス層向けなど、様々な切り口で制作・配信することで、効果的にスモールマスに広げていくことを狙ったプロモーションになります。


BRAND STUDIOの役割

記事制作/記事配信


制作コンテンツ

タイアップ記事

続かなかったあなたが「RUN」にハマれる、5つのヒント

 

「ランニングは嫌い」だけど、このシューズは好き。

 

これ買っちゃえば?そしたら絶対走るから

 

RUNにハマりたいなら、「PDCA」ではなく「OODA」を回せ。


掲載先

TABI LABO